アルミ巻E線のアルミが剥げたので交換

もう交換してどれくらい経ったか、覚えてないくらい長期間使用した。
昔はこんな長く使用していた覚えがない。
せいぜい3ヶ月ほどで巻アルミが腐食してはげ落ちてくる。

なぜかと考えてみると、若い頃は手に汗をよくかいていたが、
加齢とともに、汗をかかなくなっていた。
その証拠に本のページをめくるのに指が乾燥してうまくめくれない。

それと居住環境にもよるのかも知れない。
以前は、温度湿度の影響をもろに受ける、昔ながらの一戸建てだったが、
現在は、マンション高層階で、割と空気は乾燥しており、湿度変化も安定しているような気がする。

| | コメント (0)

楽器を落としてしまったorz

弱音器をつけていた部分から落ちたので、駒の一部が欠けて、A線が切れてしまった。
D線にもダメージがあったが切れるまでには至らなかった。

 弱音器が駒に深く差し込まれるように落ちたので、それがショックを吸収してくれて、前述の被害だけで済んだようだ。

 落ちる瞬間、スローモーションのように見え、これは楽器にダメージがあると思ったがなんとか助かった。

 しかし、こんな失敗がなければ、弦の寿命がもっと伸ばせたのに残念。
ガット弦(オイドクサ)のA線を張り替えたのは2月頃だから、約8ヶ月は持ったということで、コストパフォーマンスは最高だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国内激安、弦ショップ

以前、バイオリンの弦を安く手に入れるために、海外のショップを紹介しましたが、
その後、国内でも、個人輸入に匹敵するくらい、安く販売されているネットショップが出来ていました。

私はまだ利用したことありませんが、海外購入のリスクを考えると、このショップは国内最強かもしれません。
**************************************************************

【I love strings.】弦の激安通販ショップ♪
【I love strings.】アイラブストリングスはヴァイオリン弦.ヴィオラ弦.チェロ弦.コントラバス弦を激安で販売する通販専門のショップです。
ピラストロ50%OFF!トマスティーク45%OFF!その他の弦も30%~55%OFFの激安価格で販売しております。

**************************************************************

弦の海外通販について

海外通販で弦を購入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E線を交換

オイドクサ・アルミ巻E線のアルミが摩耗して切れたので交換。
A線を前回補修したと書いたが、数日後に重ねて縛っていた補修部分が抜けてしまったので、再度、補修。今度はゴム系ボンドで抜け防止。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦の海外通販について

追記(2010/08/12):円高の影響なのか、本記事がよくヒットするようなので、こちらもご覧ください。 国内激安、弦ショップ
------------------------------------------------------

海外通販をするときには、PayPalアカウントを作っておくと便利です。

アカウント作成は、PayPalの日本語サイトがあるので簡単です。

入力に際して、こちらが参考になります。

オーディオ機器の海外通販・個人輸入まとめWiki

   いかんともしがたい: 個人輸入:欧米式の住所の書き方

海外通販を利用する場合、PayPalが使えるショップなら国外発送OKのところが多いように思います。逆にショップ自体が少ないかも(汗)

PayPalが使えるGO STRINGSでの注文手順

1,これで決済する(注文する商品をカートに入れたあと)
  PayPalアイコンをクリック

1

 

 

 

2,PayPalサイトに切り替わる。
 ここでは、ペイパルに新規登録する入力フィールド(左側)と、事前にペイパル・アカウントを登録している場合のログインフィールド(右側)が表示されます。

 左側の新規登録する場合、CountryをJapanにすれば、日本語入力画面に切り替わるはずです。(おそらく)

2

ここでは(ペイパルアカウント取得済なので)、メールアドレスと、パスワードを入力してログインします。

 

 

3,個人情報確認画面
  内容を確認して「続行」ボタンをクリック。(まだ決済されません)

3

 

 

 

 

※為替レートは、リアルタイムではなく、PayPal基準になります。
 購入する前に、PayPalでの為替レートで金額が計算確認できます。
 ログインして、下方にある、「手数料」をクリック、下方にある「通貨換算ツールを表示」をクリック。

4,GO STRINGS注文画面に戻る
  ここで、Shipping Addressを確認して、間違いなければ、次の Shipping Options を確認。
4

 

 

 

First Class Mail = $8.50 ← (4営業日ほどで到着)
3 DAY SELECT = $30
Next Day Air = $45
※選択を変えた場合、Applyをクリックすると、金額が変更され確認できます。

郵便/日本への国際郵便

5,あとは、Continueボタンをクリックして、最終確認の上、PayPalに支払うボタン?をクリック。(画面をキャプしてません(汗))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A線が切れた

去年(8月24日)に、E線以外全部弦を新調してから、今日、A線(オイドクサ)が切れた。
約5ヶ月使用できたと言うことで、まずまずの成果。

まあ、ここ最近、駒の足部分のニスが剥げていたのを補修(タッチアップ)するのに、弦を頻繁に緩めたり、ニスを乾かすのにベランダに出したりして、急激な温度変化に晒していたので、少し弦の寿命が短くなったのかも知れない。

切れた弦は、ちょうど、糸巻き側の部分で切れたので、前回に試した御飯粒を、接着剤代わりにして木綿糸で縛って補修。(瞬間接着剤は硬化しすぎるのでNG)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外通販で弦を購入

追記(2010/08/12):円高の影響なのか、本記事がよくヒットするようなので、こちらもご覧ください。 国内激安、弦ショップ
------------------------------------------------------

最近の円高のおかげで、海外通販を利用する人が増えていますね。
英語は苦手ですが、私も米国のショップで購入してみました。

以前、カナダでクロイツェル42のCDを購入するのに、 PayPalを利用したことがあるので、使えるところを探していましたが、うまく見つかりました。おまけに安い!
GOSTRINGS

1月8日(木)に注文して、1月15日(木)に到着。Img_1821

注文メールとは別に、翌日メールが届き、ウェブ翻訳してみると、「カードが通らないから、別のカードにしてくれないか?」という風な内容。

はて?
PayPalでチェックアウトしているのに、なんで?と思いながら、
「私はPayPalで注文しました。PayPalアカウントのステータスを見ると、購入金額が表示されチェックアウトされたことになっている。もう一度確認して下さい。」という旨の内容で、ウェブ翻訳で七転八倒しながら返信してやりました。

それに対する返事は、休み明けに届き、ちゃんと確認できた旨のメールだったので一安心。

何も問題なければ、4営業日ほどで届きそうです。
ニューヨークのショップだから速いのか?

注文時の為替レートは、1ドル=95円ほどで、

 
     
               
     
Eudoxa - E alum. Wound loop$7.57 \719
Eudoxa - A13.1/2-13.3/4$14.45 \1,373
Eudoxa - D aluminum16.1/2-16.3/4$15.45 \1,468
Eudoxa -G 15.3/4$19.25 \1,830

航空運賃:$15.50(\1,473)

合計金額:\6,864

国内格安サイトで\9,400+郵便料

※D線は注文したゲージではなく、17ゲージで届きました。
 なんでも、「ピラストロ社のゲージは完璧ではなく、経験的にD線は17ゲージが都合良い」らしい
sign02

結局、オイドクサ2セットの他、ストラドパット、CD(Ayako Yonetani(米谷彩子):"My Favourites")も購入してしまいました。

Img_1823

CDのサンプルはこちらで聴けます。
noteMy Favourites

おまけに、消しゴム付き鉛筆が入っていました。( ^ω^ )

円高でなくても、国内よりも3-4割安いので、今後も購入しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガット弦E線以外全て交換

ついに、補修再利用していたD線が切れた。
これで、E線以外全て交換。

ついでに、弓の毛が伸びすぎていたので、フロッグ側で短くして調節。
これはやはり、素人がやるには、専用の道具もないし大変。

毛を留めている楔を取るのに勇気がいった。

千枚通しで取れることは調べて分ったが、楔の再利用をするつもりだったので、
割ってしまえばお手上げだった。突き刺した痕が付いてしまったが、なんとか割れずに外せた。
あとは、弓毛を3ミリほどカットして、糸で縛り直し、毛の端っこに松脂の粉を付けライターであぶって溶かし固めたが、楔を嵌めるときに、衝撃で松脂が取れてしまった。

松脂はもろいので、毛の抜け防止にはあまり意味がないような・・。

これで、後3年くらいは使えそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A線とG線新規張り替え

パッシオーネのA線が12日に切れ、新品のオイドクサに交換。
奇しくもすぐに、補修していたG線が再び切れ、これも新品に交換。
E線と補修したD線はまだ健在。

パッシオーネのA線は、切れた箇所がペグ側だったので、補修して再利用しようとしたが、
前回の失敗を教訓に、接着剤をご飯粒から瞬間接着剤に変えてみたが、1発目の調弦で切れてしまった。

原因は、危惧していたとおり、瞬間接着剤を塗った部分が硬くなり過ぎて、塗られていない境界で切れた。伸びる素材に硬化する接着剤はやはりだめ。

最近の高温多湿の影響をもろに受けた感じですが、弓の毛も伸びて、もう張り代が無くなってきた。

弓も毛を張り替えて約3年、そろそろ限界か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦(EUDOXA)その後

前回、結局、数日後、補修したA線と、結び目を作っただけのD線が再び切れてしまった。
A線はあきらめ、使い古しのパッシオーネに取り替え、D線は再び結び目を付けて現在も使っている。

そして今日、残る最後のガットG線がテールピース側で切れてしまった。
これもなんとか結び目を作り再利用。

A線をパッシオーネに取り替えたけど、やはり何か音質がおかしい。
カスカスしたような感じで、鳴りにくい。

唯一残ったのが、E線だけ。
これもそろそろアルミ巻が剥げてきそうな感じ。

このE線、昔は2,3ヶ月でアルミが剥げていたと記憶しているが、年齢と共に新陳代謝が減ったのか、手に汗をかきにくくなり、弦の寿命が延びたようだ。

予備は全ての弦確保しているが、今日、追加注文したので、そろそろA線だけは取り替えようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧