録音ファイル

とりあえず、別の場所にアップロードしましたが、mp3ファイルをリンクすると、プレイヤーが表示されるようになりましたが、やはり再生ができませんでした。仕方ないので埋込みリンクで対応。

バッハ 無伴奏バイオリンのためのパルティータ第二番
Allemanda


Sarabanda

 

 

バッハ 無伴奏バイオリンのためのソナタ第二番
Andante

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年ぶりに録音

ボーイングの改良で、重音のコントロールがだいぶ楽になってきたので録音してみました。
が、しかし2年ぶりに自分の録音を聴いてみると、やっぱりひどい。

今日は2時間15分くらい会議室を借りていましたが、終盤小指に痛みが現れだしてから、急いで録音しました。結局録音した曲は2回ほどさらっただけで一発勝負でした。

まあ、以前よりは安定性が増したような気がしますが、録音を聴くとまだまだ課題が多いです。

普段、消音器付で練習しているので、会議室で弾いてみると音程の甘さがモロ見えで、修正に手こずりましたが、結局、修正し切れませんでした。

録音ファイルをアップしようとしましたが、いつの間にかココログが1MBの制限を設定しており、アップできませんでした。1MBだと画像をアップするので精一杯です。
ブログ移転も視野に入れないと、いけなくなりました。

録音順
バッハ 無伴奏バイオリンのためのパルティータ第二番
Allemanda
Sarabanda

バッハ 無伴奏バイオリンのためのソナタ第二番
Andante

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネットラジオ等の録音方法

ネットラジオなどを録音する場合、URLが分かっていれば、
Net Transport で簡単に保存できますが、最近多い、フラッシュプレーヤータイプの場合、
ストリームURLが埋め込まれており、特定することができず、保存することができません。
先日投稿した、ユリア・フィッシャーの録音ライブのサイトなどがそうです。

 URLが解らなくとも、再生中の音声を録音できないものかと、検索してみたところ、見つかりました。

S Rec と言うフリーソフトですが、ありがたいものです。

ソフト自体の操作は、いろいろ設定がありますが、わりと簡単に出来ます。
(最適に録音するには、敷居が高いようですが・・(汗))
しかし、録音レベルの設定がちょっとややこしいので、こちらを参考にしました。
Let's Digital ~インターネットラジオをフリーソフトで録音する方法~

はたして、パソコンノイズもなく録音できているのかは、mp3プレーヤーに取り込んで聴いてみないと何とも言えませんが・・。

録音時の注意点としては、CPUに負荷が掛からないように、ほかのソフトを操作しないことです。(自分のPCが能力不足なだけかも知れませんが・・)
CPUに負荷が掛かると、音飛びするようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議室で録音2

きょうは、録音しようとするとトチってばかりで、あきらめかけた最後になんとか録れました。(気のせいかも知れませんが汗)

バッハ パルティータ第三番

  1. (リピートなし)
  2. (リピートなし)

左手の問題で、弦を押さえた指を離すときに弾く癖が付いてしまっているので、左手のピチカートのような雑音が入ってしまっています。
特に指が届きにくい低弦でなり、以前から直そうとしているのですが、ストレッチが不十分なのかなかなか直りません。手が小さい者の宿命なのか・・・orz

Gavotteは、重音のアクセントが強すぎて重くなりすぎです。暗譜は出来ていたのですが、録音で失敗しないようにと、楽譜を見ながら弾いていると、逆に失敗続きで上手く弾けなくなってしまいました。最後は楽譜を見ずになんとか録音できました。

MenuetⅠは、3重音のところがネックなのと、後半中盤の単音のフレーズが、ガラミアンの運指どおりだと、非常に苦しい。指が1cmでも長ければだいぶ楽なのですが。

Bourréeは、テンポが取りにくく、走ってしまいもつれてしまいます。

おまけに、ソナタ第一番のPrestoを録ろうとしましたが前半だけで限界。
最後のコードで転けてしまいましたが、とりあえずうp。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議室で録音

きょうは、前回のミーティングルームより広い会議室で録音してみました。
しかし、夏場と言うこともあって、エアコンを利かせていたので、ファンの音も録音されてしまい、ガット弦の音色の確認もままならず。

午後の1時30分から4時30分くらいまでの3時間。
前半、ヘンデルのソナタ4番のラルゴ、アレグロを、次にテレマンの2番と1番。
後半、バッハソナタ2番のアンダンテ、アレグロ、ソナタ1番のシチリアーノ、プレスト。パルティータ3番のメヌエットを少々、途中疲れてやめました。

きょうは、前回よりも力が入りすぎていたせいか、左手の小指に痛みが現われたりして、調子が今一でした。
原因を色々考えてみたのですが、暑さとエアコンの騒音がありましたが、それ以上に弦の問題ではないかと思ってしまいました。
2,3日前から、除湿を利かせているにもかかわらず、音が痩せて聞こえるように感じ、重音が以前より鳴らなくなってきたように思えます。おかげで音程も普段よりよく外れています。

思ったように音がでないので、無駄な力が入ってしまったような感じです。
前回の記事にも書きましたが、当初から重音が上手く鳴らないというのが、慣れの問題ではなく弦の問題ではないかという考えに傾きかけています。


(この曲は以前から録音していますが、伴奏音につられて変なアクセントが付きまくっていましたが、ようやく何となく伴奏部と旋律が分離できるようになり整いだしました。後半の一部分で指使いが苦しくうまくいってませんが)



(小指が痛み、途中でやめましたorz)
(この曲は小指を酷使するので、これが痛みの原因かも)
こういう速い曲を、転けずに弾くのは大変です。まだ暗譜もできていないので尚更ですが。


(最近は練習回数が減っていたのですが、初めて録音、大体イメージどおりでした。問題点は多々ありますが(汗)

prestoも練習して録音を予定していましたが、仕上がりも今一で後半に残していたが疲れてできずじまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミーティングルームで録音

 再開始まって以来、消音器無しで練習してきました。
場所は、マンションの集会所のミーティングルーム。費用600円(3時間)

 ヴァイオリンの音が、こんなデカかったのかと、改めて驚きました。
 いやー下手ながらも気持ちがいいものです。和音もよく聞こえて、音程がおかしいところがまるわかり。おかげで3時間もぶっ通しで練習して疲れてしまいました。肩が痛い。

 プレリュードも弾いてみましたが、ポリフォニーというんでしょうか、旋律と伴奏の声部進行がよく分かり、気持ちがよすぎて乗ってしまい、速度のコントロールができず暴走、通して弾くことがでませんでしたorz この曲の特徴的な分散和音のヒコヒコヒコヒコが気持ちよかったんですが・・。

 最初の2時間は、慣れない音のせいかなかなか思うように弾けなかったのですが、徐々に鳴り出しました。





(録音の順番は下の1番から)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

愛の挨拶

久しぶりに録音してみました。
やっぱり半音がうまく取れません。
G線を弾くのは楽になっていましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンデル ソナタ第6番

 バッハのプレリュードと平行して、時々練習していたヘンデルのソナタ第6番を、録音してみました。録音してみると、やはり、音程、テンポの怪しさが目に付きますorz こけそうになる場面も多々。

 プレリュードは、約1.5ヶ月ほど練習していますが、録音まで進めるか分からないorz

続きを読む "ヘンデル ソナタ第6番"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無伴奏ソナタ第一番アダージョ

先週録ったものですがうpします。

続きを読む "無伴奏ソナタ第一番アダージョ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バッハ アンダンテ&サラバンデ

2曲録音しました。
なかなか思うように仕上がりませんが、一応区切りということでうp。

続きを読む "バッハ アンダンテ&サラバンデ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)