Kreutzer42 Studies CD

先月11月27日に注文していた、クロイツェル42(スコア付き)CDが昨日届きました。
注文先は、http://www.stringology.com/
カナダのトロントから約1ヶ月かかっています。

(海外注文は初めてでしたが、注文時、国名(japan)を指定すればペイパル登録を日本語に切り替えでき、特に問題なく注文できました)

Img_0694_1

Img_0696_1

 




CDは2枚組 で、パウチケースが底抜けになっているのはご愛敬w

Img_0698_1


 スコアの内容は、英文の解説が付いていますが、よく読めません(泣)

雰囲気は何となく分かりますがw

Img_0700_1


Img_0699_1

 楽譜は全音版(篠崎弘嗣編)を持っているので必要なかったのですが、微妙に指番号が違うようなので、少しは参考になりそうです。全音版では、太字の指番 号と、補助的に別の指番号も併記してありますが、stringology版では一例だけのようです。(詳細比較してないので、間違っているかも知れませ ん)

 3度重音の33番をチラッと比較しましたが、全音版は太字の指番号では、小指を4ポジに伸ばす運指を多用していますが、stringology版では1-3指のポジション移動で回避しています。

 全音版は、基本的に太字指番号で練習していますが、この運指では、小指のストレッチには超効きますが、非常に難易度が高くなります。(効くどころか指を痛めそうです。)

 さて、CDの演奏者は、JACQUES ISRAELIEVITCH という人ですが、よく知らないので検索してみました。

 ウィキペディアによると、パガニーニ国際コンクールで1965年(第12回)に5位という入賞歴があります。ちなみに4位に久保陽子。

 フランス生まれで、11歳の時にデビュー。パリ音楽院を16歳で卒業。現在は、カナダのトロント交響楽団のコンサートマスターを努めたりして、北米を中心に活躍しているようです。
(引用先:http://www.israelievitch.com/jacques.html 機械翻訳を読解したので間違っているかも知れません)

 演奏は、エチュードとは言え、これだけの経歴がある奏者が弾くと、さすがというか、うなるしかないです。もう立派な無伴奏バイオリンのための曲集といっても、過言ではないです。後半の重音練習曲はもうバッハです(笑)
 (サンプルですが全曲聴けます

 スコアとCD2枚セットで、$79.99 CAD、日本円で約9千円。スコアが含まれている分、ちょっとお高いようですが、それなりの価値はあったと思います。

 と、この記事を書くのに、購入先のサイトを開いてビックリ!
注文してから1ヶ月の間に、演奏だけの切り売りダウンロード購入ができるようになっているではないか!orz
http://www.stringology.com/downloads/audio/

購入時に見落としはなかったはずなので、間違いないと思いますが、ダウンロード購入ができるのであれば、それで注文していたはず(号泣)

ダウンロード(mp3)購入で41.99 CAD、約4,800円。

どうやら、スコアのサンプルもメール登録しないと、見ることができなくなっているようです。
たしか以前は、はクリックすればすぐpdfで表示できていたはず・・。

 実はクロイツェルの映像DVDも検討していましたが、高額だったのと、セット内容が分かりにくく(機械翻訳のために)二の足を踏んでいました。(フルセットで、$521=約58,000円)
Violin Instructional DVD Courses for Improving Violin Technique
この演奏者(Clayton Haslop)は、Youtubeにサンプルがあります。

エチュードでは、以前取り上げたローデの24のカプリース、オスカー・シュムスキーの演奏CDがあります。現在取組中の曲(その後)
(一度廃盤になっていましたが、再販され現在も在庫しているようです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)