« 弦(EUDOXA)その後 | トップページ | A線とG線新規張り替え »

右腕その後

ボーイングの問題点が見つかってから、矯正に努めてきたが、なんとか効果が上がっているような感じ。

矯正ポイント
1,肘が硬くならないようにする。(前腕をよく使う)
2,移弦時にも前腕をメインに使う。(肘の高さは前腕の動きに従う)
3,重音時、弓を先に移弦しておき、後から左指で弦を押える。

結果
1,弓が全弓使えるようになり、音の伸びがよくなった。
2,重音の移弦でバウンドしたり、音のバランスが悪かったが安定してきた。
3,弓を先に準備しておくことで、焦って弓を速く動かすことが減る。

前腕を使うようにするためのポイント
・どの弦でも良いが、1弦上で、8の字を描くようにボーイングしてみる。
弓が弦に対して直角にならなくても構わない。あくまで練習とする。
中弓から、意識して前腕を使う。

前腕がうまく使えるようになると、音の伸びが生まれ肘関節の硬さも取れてくる。
その感じを掴めたら、真っ直ぐボーイングできるようにする。

ついでに左手。
これも以前から取り組んでいることですが、弦を押える時、指のどの部分を使っても、
押えられるように練習している。(意識していると言ったほうが正解かも)

スケールなどで、できるだけ指先を使って弾くとか。
なかなか思うようにできないが、意識しているだけでも違ってくると信じる。

これをやっていると、重音だけでなく複雑なフレーズでも楽になってくる。

現在取り組んでいる曲

バッハ
ソナタ2番 Grave、Fuga
ソナタ3番 Adagio、Fuga
パルティータ3番 Preludio(最近回数減っている)

ヘンデル
ソナタ 1-3番

|

« 弦(EUDOXA)その後 | トップページ | A線とG線新規張り替え »

練習方法」カテゴリの記事

コメント

アマリリスさん こんばんは。

蒸し暑くなりましたね。
昨日から急に湿度が上がって、ガット弦が切れてしまいました。
家は窓を開けて扇風機で過ごすことが多いもので(汗)


マルトレについてですが、あまり自分の中ではデタッシェとかと違いが区別できていません。

マルトレというか、マルトレスタッカート(一弓スタッカート)ができなかったので、バイオリンを再開したときに、クロイツェルの4番で大分苦労しました。

これがある程度できるようになると、往復弓でのマルトレも楽になりました。

まだ習得できたとは思えませんが、このあたりで(右手首の回転:http://vio-tora.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_cad8.html)大分安定してきたと思っています。


>マルトレが持続してできないようで、途中で間抜けになります。

途中で、肘が硬くなったりしていませんか?
私の場合、マルトレは、人差し指で圧力を掛けたりするので、どうしても指先・手首だけに神経が行ってしまい、肘が固まっていることに気付かないことがあります。

バッハの曲では、同じ音型が2回続くような時に、1回目はデタッシェで強くフォルテ、2回目は弓の圧力を弱めて軽くマルトレかスピッカート気味で表現するように心がけていますが、実際にはなかなかコントロールできていませんね。

右手の正しい使い方を言葉で説明するのは至難の業です。
ご存じかも知れませんが、こう言う動画サイトを参考にされてみてはどうでしょうか?
Violin Masterclass
http://www.violinmasterclass.com/mc_menu.php
深山尚久 ヴァイオリン テクニカル・クリニック
http://www.cgv.co.jp/dvd-miyama01.html

こちらは文章だけですが、説明が分りやすいです。
Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト
http://silver-tone.com/

投稿: とら | 2009年6月23日 (火) 22時25分

とらさん、こんにちは。
今日は暑くなりました。梅雨の季節は、ヴァイオリンのお部屋だけでも除湿しとかないと大変です。今日は、乾燥してるので練習を真面目にしています。


とらさんに影響されて私もパルティータ2番のアルマンドを弾いてみました。私の場合、ボーイングにはなんの問題もないようですが、
手首から下で弾く動作が弱いようです。つまり指弓はできるのですが、マルトレが持続してできないようで、途中で間抜けになります。

レガートのままいったり、デタッシェだったりと散々です。
無伴奏は弾き始めたエネルギーを最後まで均一に持続しないと
間抜けです。力を抜いて、美しい音を出すことよりも
機械的にやったほうが美しいようですね。


とらさんは、肘より前腕の回転とかどうですか?
解消されましたか?
私は腕全体の動きはよく訓練で練習しました。子供にその部分だけを
教えて肝心なマルトレを教えていなかったし、これはどうやって教えていいかわかりません。
とらさんは、マルトレは大丈夫ですか?
無伴奏はマルトレができないとね。

投稿: アマリリス | 2009年6月23日 (火) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53835/22785379

この記事へのトラックバック一覧です: 右腕その後:

« 弦(EUDOXA)その後 | トップページ | A線とG線新規張り替え »