« 再びですが、ユリア・フィッシャー(Julia Fischer) | トップページ | ネットラジオ等の録音方法 »

肩当ての補修

肩当て(KUN Bravo)のスポンジ部分にすべり止め加工をしていたのが、剥がれて汚くなったので、補修してみました。

Img_0843

Img_0850

Img_0853

Img_0857








左から、1.2.3.4

1.実は、肩当ての購入当初に、スポンジが痛むことを予想して、フェルトシートを貼って、その上に、すべり止めシートを貼っていました。

2.今回は、そのフェルトシートだけを張り替えます。(はがしたところ)

3.これが、フェルトシートです。ホームセンターで購入。
このシートは、椅子の足の裏に貼って使うもので、実は良くすべります。

4.切り抜くときに、型取りをするのですが、間違ってしまいました(汗)

*******************************************************
楽器を挟む足のゴムも劣化していたので、取り替えます。

Img_0847 Img_0863Img_0860

 





左から1.2.3

1.劣化しないシリコンゴムチューブ(外径5mm)があったので、少し小さいですが、これを無理矢理使いました。

2.天然ゴムチューブ(外径10mm)は、肩当ての足部分を止めるネジの頭に被せ、肩当てが外れたときに、楽器を傷つけないようにします。

3.一応完成。

シリコンゴムチューブは、径が小さく肉厚もなかったので、嵌め込んだらさらに薄くなって、楽器に取り付けると、ガタガタします。できれば外径10mm程度の物がいいと思います。

シリコンゴムチューブ、天然ゴムチューブ共に、東急ハンズで10年ほど前に購入していた物で、天然ゴムチューブは若干劣化気味です。今ならホームセンターでも入手できるかも知れません。

*******************************************************

すべり止め加工

すべり止めシートは、摩耗しやすく剥がれやすいので、今回は、フェルトシートにすべり止め加工を施しました。

Img_0868 Img_0867 Img_0866 Img_0871







左から、1.2.3.4

1.これもホームセンターで購入していた、液体ゴム。乾くと透明に近くなります。
2.3.液体ゴムを塗ったあとに、すべり止めシートで型押しして、凸凹を付けました。
4.完成

実は、この液体ゴムは1週間くらいで禿げて効果がなくなりました。
そこで、天然ゴムに近いレジテックスなるものを使いました。
これは、フェルト素材に良く浸透し、効果も持続しています。
これも、むかしに東急ハンズで購入したものです。

|

« 再びですが、ユリア・フィッシャー(Julia Fischer) | トップページ | ネットラジオ等の録音方法 »

グッズ」カテゴリの記事

コメント

http://www.thesteelydane.com/2009/07/a-new-type-of-shoulder-pad-a-review/

これって日本では・・・

投稿: 馬医御林 | 2009年7月22日 (水) 21時41分

ON THE LOOFさん、仕事の帰りに渋谷クロサワに寄って散々試してきました、あれは音が大きくなるものだから防音室に行かされましたが、デザインはマクドナルドのハンバーガー風というか和菓子のドラ焼き風というか、Liberoのように金属が外に出ていません、左肩に衣服を挟んでセットする構造です。肩当てを使わないで弾いた時のような具合です、そのときの楽器と肩との間隙をスポンジで埋める仕掛けといったらよいでしょうか・・

投稿: バイオリンマン | 2008年9月12日 (金) 01時18分

大体楽器に何か取り付けるなんて・・。ホコリ 指紋が付いても大騒ぎするが、では弾きますか・・・と総入れ歯のようなMach1なぞをガバとはめてチッチャな音で演奏しだす、コリャ楽器が可愛そうというものだ。今まではブリッジ形の中でしか肩当ては考えられなかった。そこでどんなショルダーレストがベストかという事だが・・難しい・・
最近渋谷ルッチで見たV-Padは両方兼ね備えてはいる
と思った、楽器には何も取り付けずけずにしたがって音が良いらしい、これってこれからのショルダーレストかと思わす何かがある。

投稿: mario  | 2008年9月10日 (水) 15時12分

コメントありがとうございます。

>P,Pat

こういう名称の肩当は知りませんが、文面から以下のようなタイプではないでしょうか?
Bel suono
http://belsuono.com/en/index_en.php

Libelo
http://www.paganino.com/login.php?uin=c0aa8b40322df73222eb9aa3d6364570

Stowe
http://myweb.tiscali.co.uk/woodbridgeviolins/stowemaster/animation.html

そうだとすれば・・
http://www.violinist.com/discussion/response.cfm?ID=9644
このサイトで評価されていますが、楽器を痛めるようですね。
あご当て金具の一点で支持するため、てこの原理的にも見るからに弱そうです。

投稿: とら | 2008年9月 9日 (火) 00時12分

最近P,Patという今までの楽器を締め付けるタイプと違う、楽器の振動を止めないという触れ込みで新デザインの肩当てを見ますが、あれって格好だけなんじゃないですかね?
確かに今までと違うコンセプトである事は感じられるけど
デザインは未来的ではありますが・・・渋谷ルッチ

投稿: | 2008年9月 8日 (月) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53835/11711224

この記事へのトラックバック一覧です: 肩当ての補修:

« 再びですが、ユリア・フィッシャー(Julia Fischer) | トップページ | ネットラジオ等の録音方法 »